« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

忘れてた。

昨日、書いてて、なんか抜けてんなあと思ってたら、

ドッチボールを忘れてました。

アレは、かなり嵌りましたね。

実は、小2の前半位まで片手でボールを投げる事が出来なかったんです。

で、悔しくて、家の塀に向かってボールを投げる特訓を帰宅後、毎日のように

してましたね。あの頃は、努力家でした(笑)

っていうか、かなりの負けず嫌いでした。

その結果、見事、片手で投げる事が出来るようになり、なんかのイベントでクラス対抗

ドッチボール大会みたいのがあって、1クラスに付き2チームあるんですけど、その1チームの主将を担任に指名されて、凄く嬉しかった覚えがあります。

それから、もう休み時間といえばドッチボールでしたね。6年生まで、ずっと飽きません

でした。

あの頃、あんなに楽しいスポーツはなかったですね。

野球、サッカー、水泳が駄目でしたからね。

でも、運動神経ないってわけじゃないですよ、相性が悪いだけ。

実際、野球、サッカーやっている連中よりも足早かったですからね。

6年生の時、競技場で、市内の小学校が400メートルリレーで

争うんですけど、なんと学校の選手に選ばれました。

ちと、話それましたが、上記の三つ以外のスポーツは好きでしたね。

バスケットもそうだし。

現在はかなり運動していないので、やばいですね。

なんか、顔がややむくんでいるような気もするし。

気のせいである事を祈るのみです。。。

| | コメント (1)

自分について

少し振り返ってみようかと思った。

書くネタもあんまりないというのもあるけど、深い理由はない。

自分が嵌っていたものを挙げていき、書く気になったら、それらの中から

一つ取り上げ、ブログを書こうと思ったわけだ。

幼稚園までで、あんまりはまっていたものはないというか、そんなに明確に覚えて

いないので、

小学生編を今日はリストアップ!

ピアノ、器械体操、レゴブロック、消しゴム戦争、どろけい、ドラクエやこち亀の両さんの絵を描く事

(5年生位までゲームを買ってもらえなかった反動と思われる)、読書、校庭を裸足で走る、少年漫画(スラムダンク、こち亀等)、少女漫画(天使なんかじゃない等、妹が読んでいた)、ゲームボーイ、スーパーファミコン、J-POP(ユニコーン、サザン等)、ドラマ

中々、思い出せないものだ。では、明日から気長に。

| | コメント (3)

感想など(サッド ヴァケイション)

サッド ヴァケイションの。

昨晩、寝る前に色々と考えて思ったのは、

男って、女より弱いなって実感させられるような映画だったなと

思った。

あとは音楽の使い方かなあ。何の音楽かは、忘れたけど、

主人公にとって、挑発的な音を巧みに使っていて、面白いというか、

自分も挑発されているような気分になった。

結構、感情移入タイプなので。

まあ、はっきり言って何言っているのか意味不明だと思うので、

観に行った方が早いです(笑)

昨日は、名前出さなかったっていうか、あんまり俺が知らなかったので、敢えて

書かなかった、石田えりさんが非常にいい味を出していると思いました。

浅野忠信の母親役、ただし、幼少の頃に捨てたって設定なんだけど。

上映時間は136分だったんですが、そんなに長く感じませんでした。

つまり、面白かったという事です。

とにかく、色々と考えさせられる作品だと思います。

オススメです。

| | コメント (0)

サッド ヴァケイション

を観て来た。浅野忠信、宮崎あおい、オダギリジョー等豪華キャストの映画です。でも、国内では、あまり公開されていません、残念ながら。。。

国際的評価は高いようです、ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭、釜山国際映画祭に出品されているようです、凄いですねえ。

感想などは明日UPします。もう、眠いので。

では、おやすみなさい。

| | コメント (0)

リベンジ

クワイエットルームにようこそを、昨晩、読破した。

冒頭は読みづらく、あっさり挫折したが、それを乗り越えると

結構あっさり読めた。

色んな苦しみを抱いている人々の描写も良いと思ったし、

結末も良かったと思う。

読んでいて思ったのは、映画での大竹しのぶの怪演が楽しみだという事。

ここでは、書かないが、大竹しのぶの演じる役の設定が、ある意味、

常軌を逸しており、凄そうだなあと。

あとは、内田有紀と蒼井優、クドカン位しか出演者知らないんだけど、

誰がどの役なのか楽しみだ。内田有紀とクドカンはだいたい分かったけど。

それと思ったのは、精神疾患だけではなく色んな障害を抱えている人が、

この世にはたくさんいるわけで、そういった事に対して、たくさんの人が

理解を深めてくれるといいなと思いました。

| | コメント (0)

一日遅れで

妹から、誕生日おめでとうとメールがきた。

まあ、あんまり仲は良くない兄弟だし、

覚えているとは思わなかったので、少し、嬉しかった。

そんな彼女も、もう一児の母だったりする。

三週間に二度位のペースで赤ん坊を抱えて、実家に帰ってくるが、

帰ってくる日は必ず、旦那が夜勤なので、飯を作るのが面倒であろうと我が家ではと

予測している。

まあ、仮に自分が主夫になったと考えれば、気持ちは

分からんでもない。

主夫って、どれ位いるんだろうか。とりあえず、自分の知っている限りでは、

いない。

因みに、主夫をテーマとしたドラマ「アットホームダッド」は、なんと

自分の住んでいる区で撮影が行われていたようです。

このドラマは爆笑とかはないけど、家族のありがたみが分かる良いドラマ

だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

一年で一番嫌な?日

はい、28歳になってしまいました。

嬉しくねー。

ぞろ目位までは、たいして気にしていなかったけど、

特に四捨五入で30になるようになると、なんか嫌な感じになってきましたね。

まあ、別に28になったからと言って、特に何も変化がないのも悲しいですが(汗)

んー、バドミントンも止めちゃった(やる意欲がなくなったとも言う)から、体力が

落ちたかな。

バドミントンと言えば、やっぱ、オグシオですよね。写真集がリア・ディゾンより

売れているとニュースで報じられていました。すげー。

世界ランキングも6位になったようですし、北京五輪に期待したいですね。

ネット見て、驚いたのですが、首相退陣するんですね。

あれだけ、しがみついていたのに。

まあ、裏で何かしらの退陣をしろという動きがあったんでしょうね。

彼の求心力ももはやぼろぼろ、実権は幹事長と官房長官に握られていると

いう話も聞いた事があります。

しかし、一年である意味一番憂鬱な日に安部君の退陣記念日かと、

来年以降、思うのかと思うとかなり不快ですね。

まっ、嫌な日と言えど自分が生まれた記念日ですし、一応ケーキは食べようと思っています。自腹なのが悲しいですけど(汗)甘党だし。カシスのケーキないかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バブルへGO!

昨日、タイムマシンがあったらなんて話しをちらっと書いたが、

この映画に登場するタイムマシンはドラム式洗濯機(笑)

しかも、念のため?洗剤を入れるので、泡だらけになってしまう。

先月、DVDを借りたのだが、マジ笑った。

何故、ヒットしなかったのか、わからん。

まあ、別にヒット作=自分にとって面白いというわけではないので、

別に気にしてはいないが。

阿部寛は、相変わらずいい味をだしていた、最後の方のアクションシーンは

トリックの上田を彷彿とさせる。まあ、あれだけたっぱあって、筋肉質なら

弱いわけがない。

薬師丸ひろ子も良かったなあ。一リットルの涙、ALWAYS三丁目の夕日等で好演していた頃からいいなあと思っているんだけど。

正直、広末涼子の演技には期待していなかったのだが、この作品に非常にマッチしていて、はじけた演技で良かった。

まあ、あとは女優陣がある理由で阿部ちゃんにパンチを喰らわすのがウケタ。

それと、バブル時代に行くので、色んな意味で非常に懐かしさを味わえる所も、

良い点です。

これは、オススメです。

本当は、この映画は見に行く予定でした。

しかし、行ってみたら、満員。アンフェアも満員。

仕方なく、蒼き狼を見たら、非常につまらなかった。

はっきり、言ってオススメしません。

因みにこの日のめざましテレビの星座占い、最下位。。。

おとめ座って、5位未満の事が多いんだよなあ。

何を基準に決めているんだろうか。

まあ、チンギス・ハーンの事を知りたいのなら、本を読んだ方がいいと

思います(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドーナツを

食べてた女性がいた、電車の中で。

見た感じ、30代の。

田舎の電車じゃないんだからと、突っ込みたくなる所だ。

何処かは、忘れたが蜜柑とか普通にお婆ちゃんが食べている

ってのが、当たり前と言う話しを聞いた事がある。

まあ、ボックス席ならありかなと思うんだけど。

と言うのも、自分も東海道線のボックス席で飲食した経験が

多々あり(汗)

しかも、ビールで(笑)

始まりは、サークルの同期で帰宅時に、東京駅のホームでの乾杯。

二回目位からはつまみも欲しいし、最低限?のマナーとして、

ボックス席でみたいな感じになった。

その内、後輩も巻き込み、つまみ片手に飲んでいたが、

今も、その伝統?が続いているかは知らない。

っていうか、東海道線ユーザーがいるかもしらないけど。

ボックス席で、飲んでいるおっさんとかたまに見かけるけど、

うるさくなきゃ、まあ、いいんじゃないかと思う。自分もやってたしね。。。

っていうか、何処で飲もうと、騒ぐのは止めましょう。

タイムマシンを使って、昔の自分に説教をしたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリスク

結構、前からCMで見る度に思い出すのだが、

フリスクを噛んで、口内が爽快になっている時に、

ジュース等を飲むと非常に美味しいと感じた時があった。

それを発見したのは、大学受験勉強のとき、

10年以上前だなあ。

それ以来、やっていないが、

今度やってみようか。

フレッシュになれるかもしれない。

因みに二夜連続で放送された黒澤リメーク作品だが、

「生きる」の方が中身が濃かったと思う。

お役所の体制や、人がいかに変わるのが難しい事なのか、とか

色々と考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最近、ビールが不味くなってきた

この前、一杯飲んだのだが、不味いと思った。

夏なのに。

4月位までは、まあ美味しいかなと思っていたのだが。

外で飲む事がめっきり減ったので、家で飲んでいるのだが、

大量の梅酒(昨年、作った)を消化しなければならず。。。

まあ、缶のカクテルなんかを買って来てもいいのだけど。

チラシにキリンの「スパークル」というスパークリングカクテルが載っていた。

ゴールドモスコミュールって、色が金色なのかなあ。

どちらかと言うと、カクテルは、リキュールを買って来て、自分で

作りたい派だ。その方が、割安だし。

あとは、焼酎飲みてー。

あんなに美味しかったビール(生中10杯位まで)が不味いと感じるようになるとは、

老化だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クワイエットルームにようこそ

以前、ブログに書いたこの本、

図書館で予約したら、すんなり借りられたのだが、

表現が難解で中々、読み進まない。

結論としては、映画を観た方が良さそうだ。

まあ、元々、観るつもりだけど。

代わりに読んでいるのは、

超天才マジシャン山田奈緒子の

全部まるっとお見通しだ!だ。

これも、図書館で借りたもの。

こっちは、本当に阿呆?な展開で

読みやすい。

因みに、トリック好きの私は上田次郎の「どんと来い超常現象」を

持っているが、私的には、どんと来いの方がオススメだ。

んー、久々にトリックが見たくなってきた。

また、ドラマ化されないかなあ。

劇場版2を見れば分かる事だが、続きが非常に見たくなる。

野際陽子の習字教室のシーンや、ラストのシーンを見ると特に。

まあ、好き嫌いは別れる作品だとは思うけど、暇があったら見てはいかがでしょう。

阿部寛つながりですが、明日は

テレ朝で黒澤明の「天国と地獄」のリメークが放送です。

中々、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メープルシロップの誘惑

最近、親が買ってきたメープルシロップを、

トーストにつけて食べてしまう。

蒟蒻畑は食べているが、こいつの誘惑は中々強力だ。

バニラアイスにかけたことも一回あり。。。

これを継続してしまうとやばいのだが、

多分、その前にメープルシロップがなくなるだろう。

体重が増えていない事を祈る。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ユメレジ

と聞いて、何か分かる人は恐らく少ないだろう。

だって、ケーブルテレビで放映されているわけで。

MUSIC ON! TVの番組で

正式名称はユメガオカレジデンスというらしい、

まあ、どうでもいいか。

曜日ごとにMCが代わり、火曜日のMCは中川翔子。

時に?マニアック過ぎてついていけなくなる事もあるが、

結構面白い。まあ、ゲストにもよるが。

昨日、録画した分を朝見ていたが、ゲストはthe brilliant greenのヴォーカル、川瀬智子。

俺は彼女の歌声が好きなのだが、あまりトーク番組に出る事はないので、楽しめた。

毎回、企画をするのだが、今回は中川翔子のPVを考えてみようという企画。

実際、川瀬さんは藤井隆のPVをプロデュースした事があるらしく、中々格好良く

しあがっていた。

最終的に決まったのは、ブルース・リーの格好をして、ヌンチャク(以前、違う番組で貰ったもので200万するらしい汗)を使い、敵を倒していくみたいな感じ。

あと、眼鏡選びまでしていた。結局、サングラスにしようという事になっていた。

川瀬さんは、トミーフェブラリーの時には、確か赤い眼鏡をかけていたが、別に眼鏡が好きだからというわけではなく、単なるイメチェンらしい。

俺的には、眼鏡をかけてた方が好きかな。

まあ、個人的な好みはどうでもいいとして、

果たして、実現するのか?見てみたいけど。

因みにユメレジ(中川翔子の)の動画は

最近、日本版が出来たあのサイトに結構落ちてるので、

興味がある人は見てみてはいかがでしょう。

はぁーっ、眠い。

大抵、5時位に目覚めるからなあ。

それじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸

めざましテレビを見ていたら、松茸が意外にも

多くの国で獲れている事が分かった。

カナダ、メキシコ、スウェーデン等、役15ヶ国から輸入している

らしい。空輸している間に香りも吹っ飛んでしまうらしい、

まあ、それは中国産も一緒だろうが。

しかし、特に北欧はまず食べる事がないそうだ。

だから、北欧産のものは安いらしい。

その内、北欧人も食べるようになれば、高くなるだろうから、

今の内に、たらふく食べておくのがいいんじゃないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キサラギ

観て来た。

評判が良いとはネット上で知っていたが、

実際に観に行くのは、先月の天然コケッコー&アヒルと鴨のコインロッカー

(しかも、一日に2作観た)以来だ。

結構、観に行ってるなあ、俺。

さて、キサラギだが、中々面白かった。

小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地(ドランクドラゴン)、香川照之

の個性あふれる五人が一つの部屋で、繰りなしていくありえないストーリー展開。

まあ、この時期だと、もう、キサラギ観たよって人多いかもしれないから、

ネタバレしてもいいのかと少し思ってしまう、いかんいかん。

いかんいかんじゃあ、すまないのはあの内閣だろう。

改造しても、一週間で農水相が辞任。

因みに、最短の人(誰かは忘れた。)は四日間だったらしい。

一体、何をしたのだろうか。。。

自分としては、不正で閣僚を辞めるのであれば、議員も辞めて欲しいものだ。

衆議院議員の場合、二千数百万円の年収があり、さらに様々な特権があるわけだし、

肩書きがあるだけで、色々と美味しい汁を吸っている輩もいるわけだから、

税金を真面目に支払っている国民としては怒りが生じるわけだ。

まあ、真面目に支払っていると言うより、給与から自動的に落とされている人が多数だと

思うけど。あとは消費税とかかな。

また、話題はずれてしまったが、キサラギは結構面白いと思うので、

DVDになったら見てはいかがでしょうか。

まあ、レイトショーとかだったらまだやっている映画館もあるけどねえ。

そんじゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »