« ミッドナイトイーグル | トップページ | 高田純次 »

宮崎あおい

午前中、「!」(三角の形の中にある、何かの警告?)のついたフォルダアイコンがAppleロゴの次に表示され、何も機能を果たす事が出来なくなったiPodをなんとか復元し、iTuneに取り込んだ曲を転送させ始めた事を確認し、図書館に向かった。

図書館に通い始め、多分4週目に入る。他人がいる環境の中で本を読んだり、何かする(この前、ふと横を見たら大学院の入試問題を解いている人がいたが、勉強とかがその何かにあたるのだろう)事は会社にいる事と似たような状態で、ストレスをあえて与える事になり、リハビリになるらしい。

昨日、ブログで書いた「お婆ちゃん~」(表紙は実際にお婆ちゃんが紫に染め上げた髪をリーゼントにしている・・・)を返却し、予約していて、準備が出来たという東野圭吾の「白夜行」を借りた。そして、その分厚さに唖然とした。今日のテンションでは読む気が起きないと。

今年になって、読んだ小説はたった2作、「クワイエットルームにようこそ」と「陰日向に咲く」。2作とも200ページもなくて、今の俺にとっては読みやすいページ数だったのだ。

甘く見ていたよ、「白夜行」

しかも、これかなりストーリー重いし(汗)

二年前、TBSで山田孝之主演でドラマ化されたのを見たけど、面白かったなあ。

そんでもって、予約数が少ないから予約したんだけど。今、確認したら506ページもある

(T-T)

読み終えず、返却する可能性もあるな。

そんなだるさ(ページ数は今知ったけど)を持って、図書館の二階に向かい、雑誌コーナーに行き、AERAを見ると、内野聖陽の表紙のがあって、手にした。AERAは表紙の人のページが1ページだけあり、内野さんの時、読むのを忘れた俺は、図書館に通い始めた時から、ずっとチェックしてたのだ、やっと読める。まあ、そこまで、たいした話は書いてなかったけど、消化不良だったものは消化された。

あと、キネマ旬報が裏に置いてある事を、今日初めて知り、「三丁目の夕日」特集をしている号を手にし、読んだ。結構なページ数で読むのに疲れた。

というよりも、今日は元々、だるかった。気分安定剤の副作用や、まだ体調が安定しきっていないので、特に午前中はだるい時もあるのだ。

三丁目の特集以外も結構面白い記事があり、特に目に止まったのは、読者が映画を評論するというコーナー。

おい、お前、映画評論家になった方がいいんじゃないのかなどと思った、その人達の本業も知らないのに(笑)

図書館を後にし、家に着くと12時過ぎでテレビをつけると「笑っていいとも」がやっており、小島よしおが初めてアルタのスタジオにいた。毎週、火曜はつけていたのだが、彼は構成作家のせいなのか、良く分からないが、きっと何かしらの大人の事情で、いつもどこか(伊豆とか)からモニター越しに出演していた。

良かったなあ等と思いながらも、腹が減っていたので、冷蔵庫の冷凍室からマグロの切り身を取り出し解凍し、なんちゃって?マグロ丼を食べた。

だるさは限界を向かえ、一時間位、ベッドで横になろうと思い、二階に向かった。携帯のアラームをかけたと思っていたが、かけていなかった、勿論、快眠だ。三時間も寝た。

そして、やっとタイトルに辿り着くのだが、夢に宮崎あおいが現れたのだ。そして、俺は彼女に恋する男。なんなんだろう、こうも芸能人が夢に出てくるのは、昼寝の眠りが浅いからってのはかなりあるんだろうと以前にも書いたけど、やはり妄想好きだからか(笑)

夢の中とはいえ、あんな可愛い娘に恋するなんて幸せ者だなあ。それに「NANA」や「純情きらり」でブレイクする前から宮崎あおいの存在を知ってたし(何の作品から知っているかは忘れたけど)、、夢の中で共演、わーい。

実際に見るには、映画の舞台挨拶にでも行く位しかないし、俺にそんなガッツはないので(中谷美紀や竹内結子だとしても行かない)、妄想魂?よくぞやってくれた(笑)

来年は、3本の映画、「陰日向に咲く」、「ハブと拳骨」、「闇の子供たち」が公開されるが、再来年は出演映画、多分ないんだろうなあ。

なぜなら、大河ドラマ「篤姫」の撮影があるから。「篤姫」は楽しみではあるんだけど、今見ている「風林火山」も内野聖陽ファンで見ていたのだけど、見るのを数週間止めた時期があったし。長いんだよ、一年ってスパンは。せめて、半年にしやがれ、NHKめ!!

過去に一度、半年にした事があったけど。

「純情きらり」は良かったと思うけどね、彼女の新しい魅力を引き出せていたと思う。史上初のオーディションなしでのヒロインの抜擢(まあ、既にブレイクしてたんだが)で、NHKも低迷しつつあった朝ドラを復活させる事が出来たし、宮崎あおいサイドとしても国民的女優という確固たる地位を築く事が出来た。

この作品も好きだけど、映画だと、一番好きなのは「ただ、君を愛してる」かな。あの髪型やメガネが似合っていたし、キャラクターも好きだったな。玉木ファンの人も見た方がいいと思うよ(笑)。マイミクでいるので、彼のファンが。もう見てたら失礼。

でも、宮崎あおいの着物姿も可愛らしいんだろうなあ。ただ、微妙かなとは思うのは、この題材は一度、フジテレビの「大奥」(菅野美穂主演のやつ)で扱われているという事だ。その「大奥」(内山理名主演のしか見たことないなあ)は見てないから何とも言えないけど。

彼女って、基本的に映画女優だと思うんだよな、実際、映画を楽しみにしている人はかなり多いと思う。その楽しみを奪ったNHKの責任は大きいぞ!!

共演は瑛太とかだったっけ。彼は一度「好きだ、」で宮崎あおいと共演しているんだよね、渋谷で観たな、いい映画だった。永作博美も良かったなあ。

いつもながら、徒然なるままに書いていると長くなってしまう(汗)

夢から覚め、もう四時過ぎかと思い、あ~、素振りしなきゃと思い、準備体操をし、バドミントンのラケットを持ち、庭で素振りをした。まずはオーバーヘッドストローク(スマッシュとか)を100回。ネット前に落ちてきたシャトル(羽根)を相手コートの奥まで打ち上げるスイングをフォアハンド、バックハンドを各70回。ドライブ(テニスで言うボレーみたいな感じ)をファアバック交互に合わせて50回。筋力的にはきつくなかったが、握力的にきついと思った、やばいぞ、日曜・・・

明日は雨かもしれないので、降ったら、地区センターに行って、素振り&シャトルを打ったり、サーブの練習でもしようかな。

宮崎あおいで充電された午後でした~

|

« ミッドナイトイーグル | トップページ | 高田純次 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

フフフ…。
観ましたよ…。
ただ君に恋してる。

玉木のああいう役大好きです。
風邪で病院に運ばれるときに「ぼくはくさいから…」って
いうところとか、くぅ~っ、となります。
かっこいいけど、変な人、とか、コンプレックス持ってる人、とか、でもまっすぐで誠実な、そんな感じの人間が好きです。

いきなり素振りやり過ぎじゃないですか…?
日曜行く前に筋肉痛になるのでは…。
お大事に~~

投稿: わらび | 2007年11月27日 (火) 22時54分

あっ…!!!
ただ、君を愛してる、でした!!( ̄□ ̄;)
ブスの瞳に恋してると混ざった…?

投稿: わらび | 2007年11月28日 (水) 12時22分

本当だ(笑)昨日、見たときには、気付かなかったわ。
やはり、観てましたか♪

ギャップは重要だよねえ、そこに惹かれるんだよなあ(^O^)

素振りは、まあそれ位はやれるだろうと思ってたんだけど、書いてあるように徐々に回数が減っています、握力的にきつくなったから。
筋肉痛はほとんどなかったよ。

月曜はやばいと思うけど、筋肉痛・・・

投稿: かっぱ | 2007年11月28日 (水) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミッドナイトイーグル | トップページ | 高田純次 »