« 点と線 | トップページ | ミッドナイトイーグル »

生の松尾スズキと下北沢とCD

先日、書いておりましたが、行ってきましたよ、東大の駒場祭にて催された松尾スズキ講演会。

AGE presents ”松尾スズキ”駒場祭 講演会2007というのが正式名称のようだ。

講演会の前に、講演会を行う13号館の中のベンチに座って、時間潰してたら、

んっ、何か見覚えがある人が、って、松尾スズキじゃん、ホンモノだよーっ!!!!!!

学生団体AGEのスタッフに囲われて、控え室へと向かった彼を見て、俺は少し得な気分になりました。

席はなんと、ど真ん中。先行予約で得た整理券の番号からはどこなのか、分からなかったので、イイ位置で嬉しかった。参加者は多分500~600人。

聞き手、進行役は歌人の枡野浩一という方、小説「クワイエットルームにようこそ」のあとがきを書いたりと、結構、松尾スズキと親交が深いようだ。

多分、松尾スズキ直々の指名だと思うけど。

去年、放送された加藤あいが俳句(だったか、なんか歌)を読むCMで共演したと言っていた。

この人も面白い人だったが、やはり、松尾スズキは最強だった(笑)

以下、わたくしの記憶で書いているので、彼らが100%そのように言ったわけではないと断っておきます。

多分、所々、脱線するけど(汗)

東大出身の編集者が一人、知り合いにいて、10万のデリヘルに行ったが、あまり良くなかったと、凄い話で始まった。松尾スズキ自身、あまり風俗は好きじゃないらしい。

因みに、俺は風俗は一度も行った事がない。行く気もしないし、行く機会がない。機会というのは、恐らく、社会人になってから受ける洗礼(特に営業)などを言うのだろう。

実際、友人で営業の接待で風俗やら、らんパブやらのデビューを果たした奴はたくさんいる。

あと、一度もないのはタバコ。吸う気すら起きない。大抵の人が思春期の頃に湧き上がってくるタバコへの好奇心すら、俺は沸いてこなかった。

いきなり、逸れた。

松尾スズキは清水アキラのあやつり人形のものまねを家で親に見えない所でやっていたらしいのだが、障子越しにその怪しげな動きの影が親には丸見えだったようで、不気味がられたと語っていた。

そして、そのモノマネを俺達の前で演ってくれた、スゲー、豪華だ!!!!!!

爆笑の渦である。

また、ラジオの話も面白かった。

野沢那智さんという方(姪が野沢直子、どっちも俺はあんまり知らないんだけど)のラジオに「北九州の黒タイツ」という、なんとも変わったラジオネームで、投稿して、見事、一等賞のアルバムを当てたと語っていた。

北九州は彼の出身、黒タイツは、なんとあだ名だと言う、理由は毛深いから・・・

野沢氏は劇団薔薇座の主宰で、演劇の面白さを、ラジオで発信していて、それで演劇って面白いものなんだと感じさせてくれた事に感謝していると、松尾スズキは言っていた。

大学に入ってからは、まず漫画研究会に入ったのだが、一番へたくそだったらしく、挫折。かなりレベルが高いらしく、ワンピースやキャッツアイの原作者もそのサークル出身らしい。

で、演劇のサークルに入り、バズーカだかなんだか(ここら辺かなり記憶曖昧)の役を演じたらしく、これも目の前で演ってくれた(^O^)

上京し、会社を一年で辞めた後、高田馬場駅前のマクドナルド(何度か行った事がある)でバイトしていた事があり、その時、早大生にいじめられたらしい(汗)

今でも、早大出身の人に会うと、ジュース買いにいかせてやろうとか思ったりもするらしい。冗談だろうけど・・・

他にも、色々話していたけど、大鶴義丹の父親の唐十郎のアングラさに影響を受けたと

言っていた。

母に聞いた所、唐十郎は新宿とかでテント公演というものをしていたようだ。

以下、ウィキペディアより引用。

19691月3日、東京都の中止命令を無視し、新宿西口公園にゲリラ的に紅テントを建て、『腰巻お仙・振袖火事の巻』公演を決行。200名の機動隊に紅テントが包囲されながらも最後まで上演を行った。これが世に知られる「新宿西口公園事件」である。上演後、唐十郎、李礼仙ら3名が「都市公園法」違反で現行犯逮捕された。

この頃から、マスコミにしばしば取り上げられるようになった。「天井桟敷」の寺山修司、「早稲田小劇場」の鈴木忠志、「黒テント」の佐藤信と共に「アングラ四天王」と呼ばれ、アングラ演劇の旗手とみなされた。状況劇場は初期には麿赤児、不破万作、大久保鷹、四谷シモンら、後に根津甚八、小林薫、佐野史郎ら名優を輩出した。

という事らしい。

質疑応答の時間になり、一番目に手を挙げ、指された人(♂)は早大生ですが・・・と質問していた。内容は忘れた(汗)

よく、質問した、後輩(笑)

色んな仕事(俳優、監督、劇団大人計画主宰、小説家、コラムニスト、ナレーション等)をしているけど、今後、何に力を入れたいかと聞かれ、

「料理本!!」と即答。

離婚して、料理をしようと、彼のブログのドブロクの唄にも書いてあったが、鍋にはまっているらしい。

初めの方で、聞き手の枡野さんが東大の学祭の出店の飯は不味くて有名みたいな話をしていて、松尾さんなら何の出店を出しますかって、客に聞かれて、

「鍋」と即答(笑)

学生時代、一回だけ、学祭でおにぎりの出店を出した事あったのだが、毛深い手にお客さんは「清潔なの?」みたいな感じで敬遠し、全然売れなかった苦い思い出があると語っていた。

どんな作品を作りたいかという質問には「荒川良々主演で裸の大将」。荒川良々は大人計画のメンバーで、現在、日テレの水曜22時枠の「働きマン」に出演している、丸坊主でめがねをかけている役者。

生で芸能人を見た事は、大学入ってから何回かあったけど、尊敬する松尾スズキの講演会に参加出来て、良い経験となった♪

松尾スズキさん、枡野浩一さん、AGEのスタッフの皆さん、ありがとうございました!!

この講演会以外全く興味がなかった俺は、終了後、東大駒場祭からさっさと下北沢に行き、ランチを食べた。

P1010579 ミルフィーユ豚カツのランチ。

ミルフィーユみたいに何層にも薄切りの肉が重なっている豚カツって事ね、決して、味がミルフィーユみたいに甘ーい訳じゃないから・・・

親父が勘違いしてたので、一応書いておきました(汗)

生ビールと一緒に美味しく頂きました。昼から呑めるなんて贅沢o(^-^)o

本当は、釜飯と焼酎を口にしようと思っていたんだけど、店やっていなくて(;-_-+ 

ちゃんと土日祝日も昼営業しているってぐるなびに載ってたんだけどなあ。

まあ、揚げ物で一番好きな豚カツ(しかもミルフィーユで柔らかい)食えたから良し。

で、プラプラと散歩しようかなと思ったら、鎌倉通りなんてのがあって、行ってみたら、なんかイイ感じのお店があり、足を運んでみた。

俺の好きなポストカード屋さんだった。

P1010580 二枚買った。一枚目はラズベリーかクランベリーかよう分からんけど、

なんかのベリー系の果物のポストカード!

ベリー系が凄く好きなんだよねえ、特にラズベリーが好きかな。酸味が強い方が好きだな。家のこたつの上で撮ったんだが、なんか旨く撮れなかった、まあ、いいや。

P1010581 二枚目。なんか、この何とも言えない情けない姿と絵のデザインに惹かれて買いました。多分、有名な人のデザインだと思う。エイズの予防だかなんかのキャンペーンのでこれにそっくりのデザインを見た事がある。多分、同一人物だと思うんだよなあ。

結局、下北沢散策は、この店に出会った所で満足してしまい、適当にてくてくと歩いていたら、駅に着いてしまった。

足を向けなかった遮断機の向こう側に広がる街並みはいつか見る機会があるといいなあ。

瀬谷に帰って来て、まずツタヤで漫画返却。

そして、とうとう安藤裕子の海原の月(自虐の詩主題歌)をレンタル出来た♪

P1010582 これは、CD外したら、なんか綺麗だったので、何となく写真を撮ってみた。分かりづらいとは思うが、火を灯したキャンドルが沢山置いてある。

ふぅーっ、今まで長いブログを書いてきたが、今日は一番長いと思う。

途中で挫折した方もいるだろうし、有難い事に、最後まで読んでくれた方もいるんだろう。

三連休もおしまいですな、明日から皆さん頑張って仕事してください。

俺は体調を安定させるように日々、油断をしないようにしないと。

それでは~

|

« 点と線 | トップページ | ミッドナイトイーグル »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

ふぉ~~~!!

講演会に行ってないのに、ダイジェストで内容がわかるというとってもお得なブログになってます~~!!

私は東京在住時代も一度も芸能人を見かけませんでした…。
憧れの芸能人を生で観れるなんて、良いですね~~
大満足だったみたいで、何よりです^^

下北沢は1回だけ散策したことがあります。
しょっちゅう通ったら面白そうな街だなぁ、と思いました。
アートっぽいイベントとかたくさんやってそうだったし。
出不精で通いませんでしたが。

情けないポーズのポストカードはたぶんキースヘリングでは?

投稿: わらび | 2007年11月26日 (月) 11時43分

お褒めのお言葉ありがちょん。
生で観れて大満足だね~(^O^)

芸能人は二人見たよ。新宿駅で写真家のアラーキー(ヌードとか撮っているイメージしかないけど)がなんとも間抜けな眼鏡をかけて横に立ってた。

あと、もう一人は「ミッドナイトイーグル」のブログの最後の方に書いたワンギャルの一人(名前忘れた、多分、もう芸能界にはいない)が山手線で座っていたのを見た位。

あと、芸能人ではないけど大学が一緒で、キャンパスの近くで「五体不満足」の乙武さんを見たことがある。ウィーンと音を鳴らしている電動の車椅子に乗って、俺を横切って行ったのは結構鮮明に覚えてる。

下北イイ感じだよね、デートで行きたい。
でも、行く相手がいない(汗)

そう、キース・へリング。
ブログ書き終えて、ポストカードめくったら、名前書いてあった。

投稿: かっぱ | 2007年11月26日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生の松尾スズキと下北沢とCD:

« 点と線 | トップページ | ミッドナイトイーグル »