芸能・アイドル

ザ・ニュースペーパー

テレ朝をつけたら、ザ・ニュースペーパーのライブSPやってて、

笑わせてもらった、超爆笑!!!

彼らを知ったのは、安部前首相の突然のありえない退陣劇の後ですね、

ワイドショートとかで彼らのコントが取り上げられていて、目茶ウケました!!!

風刺コントを中心に活動しているようですね、元々、風刺コント好きだし、

日本の政治には、疑問を非常に抱いているので、ツボです(笑)

DVDとか出してないのかなあ、出してたとしたら、ツタヤでレンタルしてくれー(><)

YouTubeのリンク貼っておきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=LWLR2_VB6rE

http://jp.youtube.com/watch?v=g4w3Qj1Ef6A

http://jp.youtube.com/watch?v=JPaLkIP3nYk

http://jp.youtube.com/watch?v=I1KIVojNdg8

http://jp.youtube.com/watch?v=ZChBDYx-354

今日は、これからおじいちゃんのお墓参り、サークルの宝塚勤務、宇都宮勤務の友人と東京駅のエキナカでお茶(酒になりそうな気も笑)して、横浜に帰ってきて、

中高バドミントン部の先輩と同期合わせて四名で飲みます♪

午後は結構、タイトだなあ。

午前中はPCが重いので、いらないデータなどを削除してたら、

DVDレコーダーが正常に機能しなくなった・・・

明日、アンインストール&再インストールか、めんどくさっ(T-T)

明日のブログは写真満載になるかもしれません(笑)

| | コメント (0)

高田純次

日テレの「スッキリ」のエンタメコーナー「スッタメ」を見ていたら、

日本一適当な男、高田純次さんの登場で~すと。

どうやら、今日、発売する彼の替え歌CDなどの宣伝に来ていた模様。

相変わらず、かなりの適当ぶりを発揮しており、MCの加藤浩二(次だっけ?まあ、いいや)から、「なぜ、CDを出されるんですか?」と聞かれ、

「んーっ、なんかやっとかないと、あの人は今に出る事になっちゃうからね~・・・」とか言ってた。

高田純次は何をしでかすか、分からないのが視聴者として面白いのだが、その素行ぶりに引く人も多いのは否めないだろう。

でも、あんな還暦になれたら、凄いと思う。ある意味、かなり格好いいと思いますよ、俺は。

「五時から男でグロンサン~♪」のCMでブレイクしていった彼の凄さを思い知らされたのは、大学時代に見た「あんたにグラッチェ」とか言う番組。とか言うと表現している時点で俺もかなり適当であるのだが(汗)

これは、かつて放送されていた深夜番組で、大竹まこと、渡辺正行とともに、女性ゲストを招き、奢ってもらうと言う、目茶苦茶なコンセプトで、非常に面白かった。

高田純次の行動は、暴走特急で誰にも止められず、笑いっ放しだった記憶がある。

高田純次のウィキペディアでも、「あんグラ」のエピソードは紹介されていて、かなり面白い。↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E7%B4%94%E6%AC%A1

高田純次は、金曜日の23時からフジテレビの「スリルな夜」という番組で適当イケメンとして出演していて、これもまた面白い。

「スッタメ」を見た後、眠いと思い、寝てしまった。

そして、現れたのは松山ケンイチ。内容は覚えてないけど。彼を最初知ったのは、沢尻エリカの出世作である「一リットルの涙」。沢尻の憧れの先輩として彼は出演しているのだが、短すぎるスポーツ刈りが全然似合ってなくて、え゛-っ、こんな奴に憧れるのかよと思い、印象は良くなかった。

作品は良かったけどね、泣いたなあ。

で、デスノートをテレビで見て、Lを演じている松山ケンイチに気付かず(髪形、メイク、全然違うし)、誰だ、Lを演じているのはと思い、調べたら、コイツだったのかと、俳優としての第一印象を根底から覆された。

テレビを見た翌週の通院日に後編を観に行ったけど、凄く面白かった。

ヤフー動画で、偶然、彼が初主演した「ウイニング・パス」を見たけど、かなり良い作品だった。事故で半身不随となってしまい、重い障害を抱える事になってしまうのだが、徐々にその現実を受け入れ、車椅子バスケットに取り組んでいくって感じのストーリー。

今年の4~6月クールの「セクシーボイスアンドロボ」のロボ役も良かったし。

セクシーボイス役の大後寿々花も良かったけど。実質、主役は彼女だったと言っても、

過言ではないと思う。

ちょっと前の、ガリレオにもゲストで出てたし、注目されているんだろうなあ。

しかも、エンドロールのクレジット、彼女がトリだったし。

因みに、今日は午後も駄目駄目で昼飯食べて、すぐベッドに向かってしまいました(汗)

普通の夢を見てたなあ。

明日は朝イチで歯医者、行きたくない・・・

まあ、虫歯の治療ではないので、痛くないのが救いかな。

| | コメント (0)

宮崎あおい

午前中、「!」(三角の形の中にある、何かの警告?)のついたフォルダアイコンがAppleロゴの次に表示され、何も機能を果たす事が出来なくなったiPodをなんとか復元し、iTuneに取り込んだ曲を転送させ始めた事を確認し、図書館に向かった。

図書館に通い始め、多分4週目に入る。他人がいる環境の中で本を読んだり、何かする(この前、ふと横を見たら大学院の入試問題を解いている人がいたが、勉強とかがその何かにあたるのだろう)事は会社にいる事と似たような状態で、ストレスをあえて与える事になり、リハビリになるらしい。

昨日、ブログで書いた「お婆ちゃん~」(表紙は実際にお婆ちゃんが紫に染め上げた髪をリーゼントにしている・・・)を返却し、予約していて、準備が出来たという東野圭吾の「白夜行」を借りた。そして、その分厚さに唖然とした。今日のテンションでは読む気が起きないと。

今年になって、読んだ小説はたった2作、「クワイエットルームにようこそ」と「陰日向に咲く」。2作とも200ページもなくて、今の俺にとっては読みやすいページ数だったのだ。

甘く見ていたよ、「白夜行」

しかも、これかなりストーリー重いし(汗)

二年前、TBSで山田孝之主演でドラマ化されたのを見たけど、面白かったなあ。

そんでもって、予約数が少ないから予約したんだけど。今、確認したら506ページもある

(T-T)

読み終えず、返却する可能性もあるな。

そんなだるさ(ページ数は今知ったけど)を持って、図書館の二階に向かい、雑誌コーナーに行き、AERAを見ると、内野聖陽の表紙のがあって、手にした。AERAは表紙の人のページが1ページだけあり、内野さんの時、読むのを忘れた俺は、図書館に通い始めた時から、ずっとチェックしてたのだ、やっと読める。まあ、そこまで、たいした話は書いてなかったけど、消化不良だったものは消化された。

あと、キネマ旬報が裏に置いてある事を、今日初めて知り、「三丁目の夕日」特集をしている号を手にし、読んだ。結構なページ数で読むのに疲れた。

というよりも、今日は元々、だるかった。気分安定剤の副作用や、まだ体調が安定しきっていないので、特に午前中はだるい時もあるのだ。

三丁目の特集以外も結構面白い記事があり、特に目に止まったのは、読者が映画を評論するというコーナー。

おい、お前、映画評論家になった方がいいんじゃないのかなどと思った、その人達の本業も知らないのに(笑)

図書館を後にし、家に着くと12時過ぎでテレビをつけると「笑っていいとも」がやっており、小島よしおが初めてアルタのスタジオにいた。毎週、火曜はつけていたのだが、彼は構成作家のせいなのか、良く分からないが、きっと何かしらの大人の事情で、いつもどこか(伊豆とか)からモニター越しに出演していた。

良かったなあ等と思いながらも、腹が減っていたので、冷蔵庫の冷凍室からマグロの切り身を取り出し解凍し、なんちゃって?マグロ丼を食べた。

だるさは限界を向かえ、一時間位、ベッドで横になろうと思い、二階に向かった。携帯のアラームをかけたと思っていたが、かけていなかった、勿論、快眠だ。三時間も寝た。

そして、やっとタイトルに辿り着くのだが、夢に宮崎あおいが現れたのだ。そして、俺は彼女に恋する男。なんなんだろう、こうも芸能人が夢に出てくるのは、昼寝の眠りが浅いからってのはかなりあるんだろうと以前にも書いたけど、やはり妄想好きだからか(笑)

夢の中とはいえ、あんな可愛い娘に恋するなんて幸せ者だなあ。それに「NANA」や「純情きらり」でブレイクする前から宮崎あおいの存在を知ってたし(何の作品から知っているかは忘れたけど)、、夢の中で共演、わーい。

実際に見るには、映画の舞台挨拶にでも行く位しかないし、俺にそんなガッツはないので(中谷美紀や竹内結子だとしても行かない)、妄想魂?よくぞやってくれた(笑)

来年は、3本の映画、「陰日向に咲く」、「ハブと拳骨」、「闇の子供たち」が公開されるが、再来年は出演映画、多分ないんだろうなあ。

なぜなら、大河ドラマ「篤姫」の撮影があるから。「篤姫」は楽しみではあるんだけど、今見ている「風林火山」も内野聖陽ファンで見ていたのだけど、見るのを数週間止めた時期があったし。長いんだよ、一年ってスパンは。せめて、半年にしやがれ、NHKめ!!

過去に一度、半年にした事があったけど。

「純情きらり」は良かったと思うけどね、彼女の新しい魅力を引き出せていたと思う。史上初のオーディションなしでのヒロインの抜擢(まあ、既にブレイクしてたんだが)で、NHKも低迷しつつあった朝ドラを復活させる事が出来たし、宮崎あおいサイドとしても国民的女優という確固たる地位を築く事が出来た。

この作品も好きだけど、映画だと、一番好きなのは「ただ、君を愛してる」かな。あの髪型やメガネが似合っていたし、キャラクターも好きだったな。玉木ファンの人も見た方がいいと思うよ(笑)。マイミクでいるので、彼のファンが。もう見てたら失礼。

でも、宮崎あおいの着物姿も可愛らしいんだろうなあ。ただ、微妙かなとは思うのは、この題材は一度、フジテレビの「大奥」(菅野美穂主演のやつ)で扱われているという事だ。その「大奥」(内山理名主演のしか見たことないなあ)は見てないから何とも言えないけど。

彼女って、基本的に映画女優だと思うんだよな、実際、映画を楽しみにしている人はかなり多いと思う。その楽しみを奪ったNHKの責任は大きいぞ!!

共演は瑛太とかだったっけ。彼は一度「好きだ、」で宮崎あおいと共演しているんだよね、渋谷で観たな、いい映画だった。永作博美も良かったなあ。

いつもながら、徒然なるままに書いていると長くなってしまう(汗)

夢から覚め、もう四時過ぎかと思い、あ~、素振りしなきゃと思い、準備体操をし、バドミントンのラケットを持ち、庭で素振りをした。まずはオーバーヘッドストローク(スマッシュとか)を100回。ネット前に落ちてきたシャトル(羽根)を相手コートの奥まで打ち上げるスイングをフォアハンド、バックハンドを各70回。ドライブ(テニスで言うボレーみたいな感じ)をファアバック交互に合わせて50回。筋力的にはきつくなかったが、握力的にきついと思った、やばいぞ、日曜・・・

明日は雨かもしれないので、降ったら、地区センターに行って、素振り&シャトルを打ったり、サーブの練習でもしようかな。

宮崎あおいで充電された午後でした~

| | コメント (3)

生の松尾スズキと下北沢とCD

先日、書いておりましたが、行ってきましたよ、東大の駒場祭にて催された松尾スズキ講演会。

AGE presents ”松尾スズキ”駒場祭 講演会2007というのが正式名称のようだ。

講演会の前に、講演会を行う13号館の中のベンチに座って、時間潰してたら、

んっ、何か見覚えがある人が、って、松尾スズキじゃん、ホンモノだよーっ!!!!!!

学生団体AGEのスタッフに囲われて、控え室へと向かった彼を見て、俺は少し得な気分になりました。

席はなんと、ど真ん中。先行予約で得た整理券の番号からはどこなのか、分からなかったので、イイ位置で嬉しかった。参加者は多分500~600人。

聞き手、進行役は歌人の枡野浩一という方、小説「クワイエットルームにようこそ」のあとがきを書いたりと、結構、松尾スズキと親交が深いようだ。

多分、松尾スズキ直々の指名だと思うけど。

去年、放送された加藤あいが俳句(だったか、なんか歌)を読むCMで共演したと言っていた。

この人も面白い人だったが、やはり、松尾スズキは最強だった(笑)

以下、わたくしの記憶で書いているので、彼らが100%そのように言ったわけではないと断っておきます。

多分、所々、脱線するけど(汗)

東大出身の編集者が一人、知り合いにいて、10万のデリヘルに行ったが、あまり良くなかったと、凄い話で始まった。松尾スズキ自身、あまり風俗は好きじゃないらしい。

因みに、俺は風俗は一度も行った事がない。行く気もしないし、行く機会がない。機会というのは、恐らく、社会人になってから受ける洗礼(特に営業)などを言うのだろう。

実際、友人で営業の接待で風俗やら、らんパブやらのデビューを果たした奴はたくさんいる。

あと、一度もないのはタバコ。吸う気すら起きない。大抵の人が思春期の頃に湧き上がってくるタバコへの好奇心すら、俺は沸いてこなかった。

いきなり、逸れた。

松尾スズキは清水アキラのあやつり人形のものまねを家で親に見えない所でやっていたらしいのだが、障子越しにその怪しげな動きの影が親には丸見えだったようで、不気味がられたと語っていた。

そして、そのモノマネを俺達の前で演ってくれた、スゲー、豪華だ!!!!!!

爆笑の渦である。

また、ラジオの話も面白かった。

野沢那智さんという方(姪が野沢直子、どっちも俺はあんまり知らないんだけど)のラジオに「北九州の黒タイツ」という、なんとも変わったラジオネームで、投稿して、見事、一等賞のアルバムを当てたと語っていた。

北九州は彼の出身、黒タイツは、なんとあだ名だと言う、理由は毛深いから・・・

野沢氏は劇団薔薇座の主宰で、演劇の面白さを、ラジオで発信していて、それで演劇って面白いものなんだと感じさせてくれた事に感謝していると、松尾スズキは言っていた。

大学に入ってからは、まず漫画研究会に入ったのだが、一番へたくそだったらしく、挫折。かなりレベルが高いらしく、ワンピースやキャッツアイの原作者もそのサークル出身らしい。

で、演劇のサークルに入り、バズーカだかなんだか(ここら辺かなり記憶曖昧)の役を演じたらしく、これも目の前で演ってくれた(^O^)

上京し、会社を一年で辞めた後、高田馬場駅前のマクドナルド(何度か行った事がある)でバイトしていた事があり、その時、早大生にいじめられたらしい(汗)

今でも、早大出身の人に会うと、ジュース買いにいかせてやろうとか思ったりもするらしい。冗談だろうけど・・・

他にも、色々話していたけど、大鶴義丹の父親の唐十郎のアングラさに影響を受けたと

言っていた。

母に聞いた所、唐十郎は新宿とかでテント公演というものをしていたようだ。

以下、ウィキペディアより引用。

19691月3日、東京都の中止命令を無視し、新宿西口公園にゲリラ的に紅テントを建て、『腰巻お仙・振袖火事の巻』公演を決行。200名の機動隊に紅テントが包囲されながらも最後まで上演を行った。これが世に知られる「新宿西口公園事件」である。上演後、唐十郎、李礼仙ら3名が「都市公園法」違反で現行犯逮捕された。

この頃から、マスコミにしばしば取り上げられるようになった。「天井桟敷」の寺山修司、「早稲田小劇場」の鈴木忠志、「黒テント」の佐藤信と共に「アングラ四天王」と呼ばれ、アングラ演劇の旗手とみなされた。状況劇場は初期には麿赤児、不破万作、大久保鷹、四谷シモンら、後に根津甚八、小林薫、佐野史郎ら名優を輩出した。

という事らしい。

質疑応答の時間になり、一番目に手を挙げ、指された人(♂)は早大生ですが・・・と質問していた。内容は忘れた(汗)

よく、質問した、後輩(笑)

色んな仕事(俳優、監督、劇団大人計画主宰、小説家、コラムニスト、ナレーション等)をしているけど、今後、何に力を入れたいかと聞かれ、

「料理本!!」と即答。

離婚して、料理をしようと、彼のブログのドブロクの唄にも書いてあったが、鍋にはまっているらしい。

初めの方で、聞き手の枡野さんが東大の学祭の出店の飯は不味くて有名みたいな話をしていて、松尾さんなら何の出店を出しますかって、客に聞かれて、

「鍋」と即答(笑)

学生時代、一回だけ、学祭でおにぎりの出店を出した事あったのだが、毛深い手にお客さんは「清潔なの?」みたいな感じで敬遠し、全然売れなかった苦い思い出があると語っていた。

どんな作品を作りたいかという質問には「荒川良々主演で裸の大将」。荒川良々は大人計画のメンバーで、現在、日テレの水曜22時枠の「働きマン」に出演している、丸坊主でめがねをかけている役者。

生で芸能人を見た事は、大学入ってから何回かあったけど、尊敬する松尾スズキの講演会に参加出来て、良い経験となった♪

松尾スズキさん、枡野浩一さん、AGEのスタッフの皆さん、ありがとうございました!!

この講演会以外全く興味がなかった俺は、終了後、東大駒場祭からさっさと下北沢に行き、ランチを食べた。

P1010579 ミルフィーユ豚カツのランチ。

ミルフィーユみたいに何層にも薄切りの肉が重なっている豚カツって事ね、決して、味がミルフィーユみたいに甘ーい訳じゃないから・・・

親父が勘違いしてたので、一応書いておきました(汗)

生ビールと一緒に美味しく頂きました。昼から呑めるなんて贅沢o(^-^)o

本当は、釜飯と焼酎を口にしようと思っていたんだけど、店やっていなくて(;-_-+ 

ちゃんと土日祝日も昼営業しているってぐるなびに載ってたんだけどなあ。

まあ、揚げ物で一番好きな豚カツ(しかもミルフィーユで柔らかい)食えたから良し。

で、プラプラと散歩しようかなと思ったら、鎌倉通りなんてのがあって、行ってみたら、なんかイイ感じのお店があり、足を運んでみた。

俺の好きなポストカード屋さんだった。

P1010580 二枚買った。一枚目はラズベリーかクランベリーかよう分からんけど、

なんかのベリー系の果物のポストカード!

ベリー系が凄く好きなんだよねえ、特にラズベリーが好きかな。酸味が強い方が好きだな。家のこたつの上で撮ったんだが、なんか旨く撮れなかった、まあ、いいや。

P1010581 二枚目。なんか、この何とも言えない情けない姿と絵のデザインに惹かれて買いました。多分、有名な人のデザインだと思う。エイズの予防だかなんかのキャンペーンのでこれにそっくりのデザインを見た事がある。多分、同一人物だと思うんだよなあ。

結局、下北沢散策は、この店に出会った所で満足してしまい、適当にてくてくと歩いていたら、駅に着いてしまった。

足を向けなかった遮断機の向こう側に広がる街並みはいつか見る機会があるといいなあ。

瀬谷に帰って来て、まずツタヤで漫画返却。

そして、とうとう安藤裕子の海原の月(自虐の詩主題歌)をレンタル出来た♪

P1010582 これは、CD外したら、なんか綺麗だったので、何となく写真を撮ってみた。分かりづらいとは思うが、火を灯したキャンドルが沢山置いてある。

ふぅーっ、今まで長いブログを書いてきたが、今日は一番長いと思う。

途中で挫折した方もいるだろうし、有難い事に、最後まで読んでくれた方もいるんだろう。

三連休もおしまいですな、明日から皆さん頑張って仕事してください。

俺は体調を安定させるように日々、油断をしないようにしないと。

それでは~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松尾スズキ講演会

今度の三連休の最終日の25日、東大の駒場祭にて、松尾スズキの講演会が行われる。

その事をミクシィのクワイエットルームにようこそコミュニティーで知ってた、俺は、

先週の月曜12日に整理券の先行予約を12時から行うと知り、記載されていたアドレスにメールを送った、12時1分に。

月曜は毎週13時からクリニックなので、家のPCからメールを送る事が出来なく、仕方ないので、携帯から送信。

15日には予定人数を超えたので締め切りましたとHPに書かれていた。

しかし、受付開始一分後にメールを送信した俺の所には、メールはいっこうに返って来る気配がない。

仕方ないので、携帯からメールを送ったのだが、携帯からのメールでは無理だったのかと言った事などを家のPCから問い合わせた。

全然、返事は来なくて、駄目だったんだなと思っていたら、メールが来た。

恐らく、予定人数を超えた人に自動送信したであろう、締め切りましたとの内容だった。

質問に答えてねーじゃないかと、昨晩、就寝直前に怒りが爆発しそうになった。

他にも、やりばのない怒りや悲しみ(そんなたいしたものではないが汗)を抱えていた俺はかなり自暴自棄になり、眠剤(処方通りです)を飲んで、寝たわけだったzzz

で、今日はその富士山の頂点にまで達しかけた(笑)怒りもほぼ冷め、阿部ちゃんの会見をめざましテレビやワイドショーで楽しみ、洗濯物を干し、午前中に図書館に行き、帰宅後、昼寝をしてしまった。

ご飯を炊かなければとアラームをかけておいたのだが、その前にメールチェックをしてみた。

そしたら、昨日メールを送ってきた団体のスタッフから、丁寧な文章で、色々と不備があり・・・と書いてあった。つまり、俺は先行予約整理券をゲット出来たのだ(^O^)

良かったあ、念の為というか、往生際悪く、自宅のPCからメール送っておいて。

尊敬する人の講演会に参加するなんて初めてだから、緊張するなあ。

っていうか、講演会なんて、ほとんど参加した事ないぞ、否、多分ない。

あ~、就活するか院に行くか迷ってた時期に行ってみた、大学の講堂で大手企業の内定者が偉そうに喋ってたのには参加した事あるな、あれも一種の講演会なのか?

何を語るんだろうか、楽しみだー、うおーっ!!!!!!!

しかも、このチケット、無料なんだよね。

まあ、一人で学祭に行くのはかなり寂しいが。

阿部ちゃん演じる桑野信介(ドラマ「結婚できない男」のね)なら、

「一人で学祭行って悪いかっ!!」って所だな。

焼肉やバーには一人で桑野は行くけど、学祭には絶対行かないと思う、どう考えても、縁なさそう(笑)

俺は焼肉はないけど、バーならあります。

まあ、バーっていっても、近所の小さなバーだけどね。

で、話戻るけど、

だって、急な話だったしね、そう気軽に誘えるもんじゃないよ、三連休だし。

皆、友達、社会人だし、予定埋まっているだろ。

しかも、超個人的な好みだからね。

因みに、当日も100枚整理券配るらしい。

まあ、その整理券をゲットしてまでも、松尾スズキの講演会に行きたいという熱い(笑)俺の友達がいたら、連絡下さいな。

因みに、今日の昼寝にも芸能人が出てきた。その話は明日のブログで。

しかし、松尾スズキと阿部寛の名前は俺のブログに良く出てくるなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結婚できない男から結婚する男へ

阿部ちゃん、御結婚されるんですね、おめでとうございます(^O^)

図書館から帰ってきて、ミクシィ見たら、最新トピック書き込み一覧の

阿部寛コミュニティーに

祝ご結婚なるトピックがあって、え゛-っ、マジっすかと

書き込みを見ると、msnに記事があったとあり、

見ると、本人のFAX文章も記載されていて、驚きました、はい。

ドラマ「結婚できない男」の役柄、半分は地で演っているって、インタビューに答えてたからなあ、驚いた。

昼間、「結婚できない男」再放送されてますよねえ。

以前、リアルタイムでドラマ見たし、YouTubeとニコニコ動画で見たので、見てないけど。それに、再放送って、さらに編集されていて、短時間なのでね・・・

お相手の女性は俺と同い年の28歳かあ。一般人で元美人OLって書いてあったけど、俺の周りにも28歳の女性の友達、知人はいるが、イメージできん(笑)

コミュにも羨ましいと書かれている28歳女性ファンが多数いました。

因みに、今日、本当は、タイトル、小島よしおになる筈だったんだよねえ。

昨晩は早朝覚醒もすることなく、ノンストップで7時位まで快眠してたわたくしだったのですが、

眠剤と気分安定剤の副作用で、9時位に恐ろしい程に眠気が襲ってきて、午前中に行く筈だった図書館に行くのを諦め、ベッドへ。

そしたら、今日は小島よしおが夢に出現。海パンではなく、ごく普通の格好をしていて、何故か、自分の所属する(夢では俺も学生だったので)サークルの後輩として、一緒に飲んでました。ウィーとかそんなの関係ねーとかいったギャグは一言も発せず。俺も彼も学生。彼と俺は同じ大学で、俺の一学年下だから、ありえない話ではないですねえ。

しかも彼は同じ学部なので、来年消えないよう頑張ってねー位に応援していたので、

そんなに思い入れが強い訳じゃないんですけど、夢に出現してきた(笑)

最後は、高校のバドミントン部のパートナーが出てきて、一緒に練習メニューを考えていて、その辺りで目が覚めました。夢は時間、場所、登場人物等、様々な設定がどんどん変わっていきますからね。

しかし、どうせなら(小島よしおと彼のファンには失礼だが)、阿部寛と恋愛観、結婚観等を彼の行きつけの店で焼酎でも飲み交わしながら、語る夢などを見たいものだ。

やはり、CMをしているドラフトワンを飲める店の方が良いのだろうか、彼はアベール王子だし(笑)

何がドラフードに認定されているか正確には覚えてないが、もんじゃ焼きを認定して欲しいなあ。

本当、最近、芸能人が夢に出てくるなあ。蒼井優、中谷美紀、桃井かおり、そして、小島よしお。彼はオチか(笑)

全て、午前中に睡魔に襲われ、我慢の限界を超えた時だ。

まあ、あんま良い事ではないんだけどね、午前中寝ちゃうのは(汗)

でもーっ、たくさんいるんですよね、夢に出演していただきたい方、夢でいいから会わせてください(><)

| | コメント (0)

オグシオ&素敵な夢

昨日のNHK教育のトップランナーの

ゲストはオグシオ(陣内貴美子以来のバドミントン界のスターじゃないだろうか、最も陣内貴美子の現役時代は知らないんだけど)だった。

ヤフーでも時々ニュースになっているし、バドミントン経験者じゃなくても知っている人は多いのではないだろうか。

普段は、ほとんど見ない番組だったが、バドミントン経験者としては見ようと思い、SPを録画し、見た。

MCの山本太郎が小椋選手(スマッシュが持ち味)の破壊力満点のスマッシュを受けて、かすりもせず、悔しがっていたが、経験者としては非常に羨ましい、俺が代わりに受けたいと思った。

サークルにはインターハイ出場選手が三人いたが、レシーブする事は何とか出来たけど(勿論、確率は低いけど)、恐らく彼らのどのスマッシュよりも小椋選手のスマッシュは速く重いだろう。

二人とも言っていたが、お互いにないものを持っているのがいいと。潮田選手は駆け引きが上手く、高校時代のパートナーを思い出す。

また、潮田選手がとてもイイ事を言ってた、10回やって9回負けてもいいから、1回勝てればいいと。勿論、北京五輪の事なのだけど。

社会人になる前の自分は違った、仕事で10回やったら10回勝ちたい、失敗したくないという考えで意気込んでいた記憶がある。

今の自分はこの三年半で体調の事もあり、考え方は全然変わっているので、潮田選手のこの言葉には非常に共感を覚えた。

どちらかというと潮田選手の方が色んな意味で好みだなと思った。発言から、かなり天然な感じもしたし、色々とエピソードから可愛らしい人だなあと思った。

小椋選手はプレー面もそうなのだが(彼女と自分の全盛期のスマッシュを比べるのは失礼だが)、潮田選手に三洋電機で一緒にプレーしようと熱烈にラブコールを送ったという

情熱的な面が似ていると思った。だから、多分、潮田選手に惹かれるのかなとも思うのだが。

五輪は世界ランキング13位以内に入らないと出場出来ないので、かなり過酷な闘いだ、今は6位なのだが、油断は出来ない、頑張って中国勢を破ってメダルを取って欲しい!

あとは、男子にスターが生まれればなあ。

この番組を見て、やっぱり俺はバドミントンが好きなんだなと改めて実感させられた。体調が安定したら、ある後輩が誘ってくれた練習に顔を出してみるか。

続いて、素敵な夢について。

昨日、だるいと思い、午前中、ベッドで横になっていたら、三時間位寝てしまったzzz

夢にいきなり桃井かおりが登場し、俺と喋っている。

場所は定かではなかったが、日本ではなくヨーロッパの街並みだった。

そして、中谷美紀がいるから連れて来てやるよと言われ、

談笑をし、記念に写真を撮る事に。

そんな時に限って、デジカメを持っていない俺だったのだが、

中谷さんがポロライドカメラ持っているから、それで撮ろうって事になり、

ばっちり写真を撮ったのだった。

因みにこの二人は先日ブログでちょこっと書いた、R-17で

共演していて、その印象が強く残っていて、夢を見たのだろうか。

夢でも、この二人と写真を撮れるなんて、凄く幸せな事だ♪

| | コメント (2)

中谷美紀祭り開催中!!

あくまで、わたしの話ですが。

いつからいいなと思ったのかは忘れてしまいましたが、多分ケイゾク以来、中谷美紀のファンだったし、坂本龍一の音楽と彼女の声のコラボは好きでした。

今度、コンピレーションアルバムの中で一曲、そのコラボが復活するらしく嬉しい限りです。

ケイゾク後、多くのドラマに主演した後、ブラウン管から銀幕へと活躍の場を変えた彼女でしたけど、自分の体調も激変していた事もあり、彼女の出演作をほとんど見る事がありませんでした。

少々、調子の良い時に、約三十の嘘という作品を見たが、あまり入り込めなかった。

また、久々に華のある作品という事で嫌われ松子の一生を観に行った。面白かったし、

メディアの評価も非常に高く、彼女は完全復活したわけだが、これも入り込めなかった。

後にDVDで見た電車男のエルメスは良かったですね♪ドラマ版の伊東美咲より断然よかった。

一時期、低迷期があったらしい、確かに注目作品にもあまり出演していなかった時期があるようだ。

まあ、他の俳優、女優でもいくらファンでも入り込めない作品は勿論ある。

当たり前だ。脚本や演出、役柄によって、んーって思う事は誰しでも思ったことはあるんじゃないだろうか。

そこで、自分の中で祭り?として再加熱の起爆剤となったのは、以前、ブログに取り上げた、自虐の詩だ。

あれには完全ノックアウトされた!!!

そして、体調も改善の兆しを示し始めた頃、ニ●ニ●動画で中谷美紀の名前で

検索した所、R-17というドラマがヒット!

なんか、見覚えがあるなと思い、見ていくと、確かに全話ではないが、見た記憶が

蘇った。まあ、この話はし始めると長くなるので、また今度。

かなりの衝撃作です。

そして、契約しているオンラインDVDで中谷美紀の作品を結構予約した所、

一番改めて見直したいと思っていたドラマ永遠の仔(原作は包帯クラブの天童荒太)が届いた。

まだ、見ていないが、楽しみだ♪

この作品では、ヘアスタイルが超ベリーショートだが、凄く似合っていた。本当の美人はショートヘアーも似合うなんて話をどこぞで聞いた事があるが、まさに彼女の為にあるかのような言葉だ、

はいっ、ちょっと大袈裟です(笑)

女医がリストになかったのが、残念だ。

また、エッセーも図書館で予約して届き、読んでいるが、かなり面白い。

因みに「ないものねだり」というエッセー。

今まで、エッセーは松尾スズキの大人失格(これは学生時代に読んだ)、最近では竹内結子のカロリーオフ(有名?な におぃふぇちの続編)、中谷美紀の自虐の詩日記を読み終えているが、一つのテーマにつき2,3ページなので、非常に気軽に読める上、色々とチェックは入っているんだろうが、彼らの私生活や考え方のごく一部が垣間見えるのは興味深い。まあ、芸能界と言うのは虚構の世界なので、別人が書いている可能性もあるだろうが、信じていま~す!

あ~、また長々と書いちゃったよ。

文章を短くまとめられない人です、わたしは。

就活の時、文字制限(千文字単位から数十文字と色んなパターンがあったが)に対して、自分の自己PRなどをよく自由自在に編集していたものだ。

読んでくださった方、お疲れ様でした

あっ、最後に今日、リスタートを切るっていう意味も含めて

超久々に髪を切りました。さっぱりしたぜい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)